teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


気が付けばもうすぐ師走!

 投稿者:WINDOM NAOEメール  投稿日:2011年11月26日(土)11時36分17秒
  みなさまお元気でいらっしゃいますか?
お久しぶりのWINDOM NAOEでございます。
今年はいつまでも暖かいな~と思っていたのですが、
ここ数日で遅れを取り戻すかのような寒さで、
体調管理に非常に気を使う最近です。

>橘 明さん

お帰りなさい~~~~\(^o^)/
正倉院展行かれたのですね?
圧倒的に私のほうが近所なのに、全く予定に入れることができず、
断腸の思いで見送ってしまいました…(泣)
なのでレポありがとうございますっ!!!

≫今の様に多彩な色がない中での、あの美しさは「凄い」の一言に尽きます。
あぁ…それ、見たかったなぁ…
≫織田信長・明治天皇と、後一人誰だったかな~(^^;)
殿っ…!!!(笑)
名前云々ってのは、やっぱりそう言うことなのでしょうか?
しかも3人?信長の後が明治天皇?凄い時代が空いてるんですけど…
徳川幕府の時代は、天皇家と言えども手出しできなかったってことなのでしょうか?
≫それに、戦国武将が所持していた刀とは全く違う物でした。実用品か装飾品かの違いなんでしょうか。
あぁ…そうなのでしょうね…
よく武将の刀等が展示してあるのですが、体質的に時々とてもやばい状況に陥るので、
迂闊に近づくのは要注意なのですが、これなら大丈夫っぽいかな(^_^;)
装飾品とあらば(しかも正倉院)、それは綺麗なものだったでしょう。
他にもたくさんご覧になられたとのこと。
個人的には正倉院文様と言われるものが大好きなので、そちらも興味深いものがあります。

≫三月堂のあの空間は、とても静かで厳かで穏やかで、大好きな空間だったので。
≫直江を感じられる場所が一つ、無くなってしまいました。
ええっーいやぁぁーっ!!!!!(号泣)
し…知らなかった…
直江とかミラージュとかすっ飛ばして、もうあの場所は私の中で聖地となっているのに!
ここ2年ほど行くことが出来ずにいたので、そろそろ行かなきゃ…と思っていたのです。
とりあえずは両菩薩様には、ミュージアムで会えるとのことですが、
大事な場所を失ってしまった感、満点です(しくしく…)
セットの二月堂から見る風景は、なおさら心に沁みることになるのでしょう。
二月堂は私の懺悔の場所となっています。
沈む夕陽を眺めながら、どれほどの悔恨と恋慕を思い知ったことでしょう。
ここ最近のご無沙汰も含め、近々に行かねばなりませぬ…


>南江アンナさん

こちらもお帰り~~~~\(^o^)/
大丈夫…忘れてなんかいないから!!!!!
お元気でしたか?

≫それでも日常生活のふとした中の機微やら季節の香りやらに、
≫直江や高耶さんを思い出し、胸が切なくなったりしております。
これ、あるね。うん。
ふとした瞬間に、みらに戻るの。
そして同じく胸がギュッとなる想いってあります。
例えばね。
沈みゆく夕陽を見ることがあれば、二月堂の直江の気分になったり、
霧深い山の朝にいると、二人で過ごした濃密な時間を思い出したり、
冴え冴えとした月を見たときには、その光に奴を感じ身もだえしたり(笑)。
今もこの体に、流れる血に、そしてこの胸に彼らがいることを実感します。

さてさて、プライベートでも随分頑張っておられたご様子。
凄いね~~偉いね~~~もう、ぎゅうぎゅう抱きしめてあげたいくらいです。
それにしても…人生の断捨離って…(笑)ふっ…深いっ!!
振り返ると私、何度も断捨離してるみたいなのですが、
断捨離後には必ずと言っていいほど、人生のターニングポイントがありました。
そして少しずつですが、幸せになっていると思います。
どうかアンナちゃんの断捨離後にも、幸せがありますように。

無理のない程度にリハビリしてくださいね。
来年の春には、桜の下でお会いしましょう♪
 
 

大変、ご無沙汰しております!

 投稿者:南江アンナ  投稿日:2011年11月15日(火)21時17分45秒
  みなさまに忘れられていないか、ドキドキしながらの書き込みでございます^^;。

すっかり本も読まなくなり、テレビも見なくなった今日この頃(ぶっちゃけ地デジ化に乗り遅れたまま、テレビが見られないまま放置←笑)。それでも日常生活のふとした中の機微やら季節の香りやらに、直江や高耶さんを思い出し、胸が切なくなったりしております。

ここ数年の近況はと言えば、久しぶりの学生生活をしてみたり某国家資格を取ってみたり、それなりに大事だったはずのものを潔く捨てると決めてみたり(人生の断捨離ってやつですか?)、この春からは夜勤ありのフルタイムワーカーになってみたりとなかなか激動の毎日ですが、元気にしてます^^。

短いですが今回はこのあたりでm(__)m。すっかりパソコンに触らない生活で、完全復帰にはリハビリが必要みたいです^^;。

P.S.来年の春こそはひな鳥の春の宴(お花見~♪)に参加したいと思います。
 

行って来ました「正倉院展」

 投稿者:橘 明  投稿日:2011年11月13日(日)13時53分43秒
  先週の日曜日(11/6)、奈良博物館の「正倉院展」に行ってきました。(^^)
3日に行く予定だったのが、新幹線のチケットが満席で取れなかった・・・
で、6日は空きがあったので、東京発6:00の新幹線に乗って。>日帰りです。
9:30前には博物館に着きました。
既に入り口前には3重の列が出来ていました。
それでも、止まることなく進んでいたので、まぁすんなり入れた方かな?
人は多かったですが、混んで動けないということもなかったかな?動き難いくらいで。
保存する為に色々修復をしているんでしょうが、どれも奇麗に残っているのは驚きです。
袈裟や帯などの色彩も、多少の色褪せはあっても「凄いね~色残ってるね~」と言える程でした。
箱や厨子など、収納物の表面の細工や模様・図柄はどれも細やかで、昔の日本人の美的センスというか
美意識が高かったのを感じました。上品で本当に奇麗でしたよ(*^^*)
今の様に多彩な色がない中での、あの美しさは「凄い」の一言に尽きます。
写経等の書簡を見たときは、本当に昔から日本人が子孫を残し続いてきているんだなぁと感じました。
その時代の人が書いた生の字を見ている訳だから。
で、私が一番見たかった香木「蘭奢待」と宝剣。
香木は思っていたより大きな物でした。70cmくらいの長さで、言われかねれば流木?みたいな感じでした。
削り取った人というか、削った部分が誰に渡ったかの名が記された紙が貼ってありました。
織田信長・明治天皇と、後一人誰だったかな~(^^;)
何とか天皇でした。信長よりずっと前の人でした。
ガラスケースに入っていた為、香りを嗅ぐことは出来ませんでした。>当たり前か(^^;)
どちらにしろ、香木自体では香らないのかな?
にしても、いつ誰が削った人の名前を記しておこうと思ったんでしょう。
3人の名しかないというのは、それほどまでに貴重(高価?)で特別な物だったということなんでしょうか。
そして、宝剣です。
宝剣を見る為だけの列を作っていました。列に並ばなくても見れましたけど(^^;)
目の前で見れるかどうかの違いですね。
これは見事でした。奇麗で奇麗で。
鞘と刃を分けて展示してあり、鞘の装飾の素晴しさ、刃の研ぎすまされた輝く美しさ。
それに、戦国武将が所持していた刀とは全く違う物でした。実用品か装飾品かの違いなんでしょうか。
歴史的な展示物なのに、目の保養になるほど美しい物ばかりでした(^^)

博物館まで来たので、東大寺にも足を伸ばしました。
東大寺敷地内に「東大寺ミュージアム」という新施設も見ておきたくて。
まずは、三月堂へ。
三月堂は、直江が一人訪れ、日光・月光菩薩を前に美奈子を回想していた場所です。
ミラージュで読んだ後、何度となく足を運びました。
その三月堂が修繕改築の為に閉鎖になるというので、昨年、閉まる前に最後の訪問をしたんですが、まだ中に
入れるかも?という僅かな期待を胸に行ってみたんですが、やっぱり閉まってました(^^;)
三月堂の本尊「不空羂索観音」と日光・月光菩薩が、東大寺ミュージアムに安置されています。
出来たばかりのミュージアムは奇麗でした。
で、この3体を三月堂より近くで見られます。>見上げると行った方が正しいですが。
本当に目の前で見れるので、迫力が凄かったです。
三月堂の16体が並んだ(直江が見た)姿が、もう見られないのが残念です。
改築終了後に、同じ様に見られるのかな?それも2年後のことだしな~
三月堂のあの空間は、とても静かで厳かで穏やかで、大好きな空間だったので。
直江を感じられる場所が一つ、無くなってしまいました。
 

Gooseさんっ!お誕生日おめでとうございます~~~~~~\(^0^)/

 投稿者:WINDOM NAOEメール  投稿日:2011年10月 2日(日)09時53分36秒
  すみません…一日遅れてしまった………

今年もたくさんいいことがありますように…
そして今年もこの日をお祝い出来ることに感謝します。

もう何度目になるのでしょう。
共白髪って言ってたのも、笑えなくなってきたのですが(笑)、
相方のROTE ROSEさんとひな鳥のみんなで、
ここでこうして過ごせるのも、みんなGooseさんさんのお蔭です。
本当に感謝感謝です。

みんなにも素敵な1年となりますように…

 

今年も残すこと3カ月

 投稿者:WINDOM NAOEメール  投稿日:2011年10月 2日(日)09時43分36秒
  さすがに10月ともなると、秋の様相になってまいります。
金木犀の香りも、ちらほら街の中で感じられる大阪です。

>橘 明さん

先日は大変でしたね~
ニュースや速報とにらめっこな夜でしたが、ご無事でなりよりです。
所要でその週末、東京へ行くことがあったのですが、
いたるところで街路樹の折れた枝が落ちていたり、
台風の爪痕が見られました。

最近の台風は、とても破壊的な感じがするのですが、
これも環境に対する人間への警鐘なのでしょうか。
何はともあれ、人類に限らずこの地球の全ての生き物に、
あるべき命を全うできる星であって欲しいと願うのでした。
夜空の下で1人でいる時も、決して1人ではないということ、どうぞ覚えておいてください。
改札前からここに書き込んでくれたこと、とても嬉しかったです♪


 

秋分の日が過ぎ

 投稿者:橘 明  投稿日:2011年 9月25日(日)12時10分4秒
  台風が過ぎてから、東京はすっかり“秋”(^^)
朝晩の気温は肌寒いくらいで、日中は過ごし易い。
空高く、食べ物も美味しい季節がやってきました。
夏の疲れが出る時期でもありますので、皆様ご自愛下さい。

>WINDOM NAOEさん
お引っ越し、お疲れ様でした。
人が動くというのは、なかなか大変は作業ですよね。
でも、新しい環境って、気分高揚しますよね(*^^*)
それに、リスタート・リフレッシュにも。

21日は、会社を出てから家に着いたのは5時間後でした(^^;)
駅の改札前で2時間半。電車が動き出したので飛び乗りました。
それからは、ストップすることなくまぁまぁスムーズに家の最寄り駅まで行けました。
会社から駅までの道で、柳の木が折れてたり、バイクが風によって倒されて目の前に滑ってきたりと、
なかなかスリリングな夜でしたが、無事に帰り着きました。

21日、改札前で一人待つのは、少~し不安と寂しさがありましたが、ここに書き込むことで不安を
外に出せたので楽になりました。一時電話も通じ辛かったので。
この場があることに、改めて感謝です。ありがとうございます。<(_ _)>
 

嵐と共に戻らん

 投稿者:WINDOM NAOEメール  投稿日:2011年 9月21日(水)23時25分8秒
  戻りましたっ!!新居です。
ちょっとヘタれてます(緊張状態から脱出して、気がぬけてる)が、帰還報告です。
床置き段ボールはなくなりましたが、こまごまとカスタマイズが必要。
ま、これはぼちぼちと。

さてっ!!

>橘 明さん

その後いかがですか?
運転再開された路線もあるようですが、心配です。
無理に帰宅よりも、安全なところにいてくださいね。

どうかこの台風で、これ以上被害が出ませんように…
進路を見ては胸を痛める深夜でございます。
 

またしても

 投稿者:橘 明  投稿日:2011年 9月21日(水)19時51分42秒
  3.11と同様に、帰宅難民となりました。
東京は只今鉄道はほぼ全線運転見合わせです。
いつになったら帰れるのか。
西の方にも甚大な被害をもたらした台風。怖いですね。
皆様も十分お気を付け下さい。
 

ご無沙汰しております

 投稿者:WINDOM NAOEメール  投稿日:2011年 9月15日(木)21時12分14秒
  そろそろ残暑なんて言葉じゃ納得いかない、猛暑の大阪です。
みなさまにおかれましては、お元気でいらっしゃいますでしょうか。

今日は私事で恐縮ですが、ちょっとばかり報告です。
そろそろ10年になろうとする今の住まいから、
300m移動のお引越しすることになりました。
いろんな事件が起こる昨今、今の住まいに命の危険を感じ(もうね、怖くて眠れないのよ…)、
とうとう思い切りました。
残念ながら苗字は変わりません………(爆)←ここは1つ、笑ってください(笑)

明日以降、一時的にPCネット環境から離れます。
( 携帯からは大丈夫)
今までの自宅をご存知の方、新住所は別途お知らせいたしますので、しばらくお時間ください。
宅配便などの受取がいる荷物を送っていただく場合、今まで通り職場の方に送っていただけるとありがたいです。
(お引越ししても、相変わらず自宅にいない奴…(爆))

では次回発言は、新居にて発信したいと思います。
無事にお引越し完了出来るよう、祈るばかりです…



 

あー夏休みっ!

 投稿者:WINDOM NAOEメール  投稿日:2011年 8月12日(金)08時15分18秒
  今年の夏は天候が通年とちょっと違う感じがしていたのですが、
ここ最近、ようやく本気を出してきたようで、暑さと蝉の鳴き声にうんざりの最近です。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

ようやくお盆休みに突入したので、ちょっと一息ついています。
夏バテとも無縁で、むしろ冷たいビールによる副作用に怯えております。
とは言え、日ごろ放置している諸々を片付けないといかんので、
のんびりもしていられないようです。


>橘 明さん

お久しぶりです~~~~~!!
とてもナイスな情報をありがとうございます。
蘭奢待…是非是非この目で拝見したいものです。
しかも殿の名前が書かれているって、とてもリアルって言うか、
歴史そのものに、直で触れるような、特別な気持ちになってしまいます。
それにいろんな謎もありそうですし、ますます興味深いです。
今からスケジュールの中に入れておこうと思います♪

それから、雑誌Cobalt9月号の付録、別冊コバルト文庫。
久しぶりに買ってきました。
早速ですが、むさぼり読んでしまいました。
あぁ…みらです…

≫それだけでも嬉しいのに、二人の穏やかな時間がまた更に胸にきました。

そうです~~~~~~(:_;)
P18の後ろから5行目の高耶さんのセリフに、胸を突かれたとうにキてしまいました。
思わず、ウッとなってしまいました。
鼻の奥が、キンキン(苦笑)
あぁ…やっぱり私、高耶さん…好き………
(&あぁ…やっぱり私、この人が好きなんだ…=直江目線)
わかりきっていることなのですが、改めて確認した感じです。
この2人を読めただけで、とても幸せな気分です。
同時にほたかさんのコミックスがあります。
病気な直江が、苦笑いを誘ってしまう内容となっております。


もし良ければお手に取ってみてください>おおる
私は高耶さんのセリフ1行の為に「買って悔いなし!」と思ったバカでございました(笑)


 

レンタル掲示板
/23